« 広大無辺 | トップページ | フランス大統領選挙の結果は明日朝には判明 »

2012年5月 6日 (日)

財政協定の実施で柔軟性を示す(EU)

 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は5日、ブリュッセルでの会合において
   欧州各国
が債務削減を行う中で
   成長促進に苦慮
していることから、欧州連合(EU)が
   財政協定の実施で柔軟性を示す
だろうと示唆した。

 財政協定は具体的な適用の際に
   経済分析や法規定
に基づき、判断でかなりの余地を伴うと指摘した。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  


ひとこと

 極端な話、経済分析のさじ加減が自国の経済発展を目的とすれば、個々でばらばらに判断できる(?)と言うことに緩めるのか...
 アジア通貨危機で取り扱われた措置と比べると、大甘の査定にも見える。
 発展途上国に対しては経済的な自由度は全く省みられず、立場が逆転すればこの有様だ。 

  

      

 
 

« 広大無辺 | トップページ | フランス大統領選挙の結果は明日朝には判明 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財政協定の実施で柔軟性を示す(EU):

« 広大無辺 | トップページ | フランス大統領選挙の結果は明日朝には判明 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ