« ユーロを防衛するため、合意されたプログラムとルールを順守 しなければならない | トップページ | プーチン大統領 米国で開催する主要8カ国(G8)首脳会議を欠席 »

2012年5月10日 (木)

豪ドルが急落

 豪ドルは9日GMT14時79.67円まで売り込まれ一時、年初来安値を付けた。
 ギリシャの指導者は
   連立政権を樹立できない
との懸念が高まり
   リスク資産選好
の動きが後退、豪国債利回りは過去最低水準に低下した。

 豪ドルはギラード豪首相が豪政府が表明している
   来年度の財政黒字化
でオーストラリア準備銀行(中央銀行)には
   金利変更の余地が生じる
と、発言したことが材料となり主要16通貨全てに対して下落した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 ギリシャの次期政権がベルギーのごとく樹立しなければ政治的混乱から経済の悪化が続くことでユーロの価値を削ぐため、世界経済の成長との連関が相対的に強い豪ドルやニュージーランド(NZ)ドル、カナダ・ドルなど多くの資源国関連通貨が、この影響で下落した。

« ユーロを防衛するため、合意されたプログラムとルールを順守 しなければならない | トップページ | プーチン大統領 米国で開催する主要8カ国(G8)首脳会議を欠席 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドルが急落:

« ユーロを防衛するため、合意されたプログラムとルールを順守 しなければならない | トップページ | プーチン大統領 米国で開催する主要8カ国(G8)首脳会議を欠席 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ