« 反対派の急進左派連合(SYRIZA)の支持率は思ったより伸びていない(世論調査) | トップページ | ECBからギリシャ銀への流動性が膨らんだ »

2012年6月 1日 (金)

円がユーロに対して96.53円と約11年ぶり高値

 NY時間帯外国為替市場では円がユーロに対して96.53円と約11年ぶり高値に上昇した。
 欧州債務危機の深刻化や米国の景気減速を背景に逃避需要が高まった影響が強く出ている。 

 

       

 円は欧州の信用不安を背景として主要通貨すべてに対して2日連続で上昇した。

 ・ 日露戦争、資金調達の戦い: 高橋是清と欧米バンカーたち

 ユーロは対米ドルでほぼ2年ぶりの安値を付けたものの
   スペイン債とイタリア債の上昇
を材料に買戻しが入り値を戻しトンボで引けそうだ。

 

       ↓ 応援のクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 欧州の信用不安の高まりのなかで日本と欧州連合とのあいだのFTAの予備交渉が完了した。日本が欧州のみならずその先なるアフリカや東南アジア、南米等に構築している経済網に日本の権益を確立できるかどうか注目したい。

 

 

 

« 反対派の急進左派連合(SYRIZA)の支持率は思ったより伸びていない(世論調査) | トップページ | ECBからギリシャ銀への流動性が膨らんだ »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円がユーロに対して96.53円と約11年ぶり高値:

« 反対派の急進左派連合(SYRIZA)の支持率は思ったより伸びていない(世論調査) | トップページ | ECBからギリシャ銀への流動性が膨らんだ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ