« あおなみ線(区間5キロ)にSL走行計画? 煙や音も課題 | トップページ | ビジュアル版 幕末 維新の暗号 »

2012年6月 2日 (土)

政治主導の弊害か? 為替介入にコメントできず

 中尾武彦財務官(財務省)は2日、財務省内で記者団に対し、為替介入について
   ノーコメント
とだけ話した。

    

 1日海外の外為市場では、市場予想を下回る5月米雇用統計を受けて米ドルが下落した。
 対円で一時77.65円をつけたが、その後発表前とほぼ同水準の78円前半まで反発した。

  

       ↓ 応援のクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 能力を考えれば官僚を有効に用いるだけの能力が欠如しているのだろう。

 対立軸をマスコミを使って明らかして、指示する能力の低さを逆手にとり、指示に従わないとの論調を繰り返してきている。
 介入するにしても規模が小さすぎるものであり、政治家の胆力が伴っていないような介入は害が大きく体力を弱めるだけだ。

 ・ ドラマチック日露戦争 近代化の立役者13人の物語

 介入規模は市場の流れを変えて押し返すぐらいまで介入した後、調整で円を買い戻しポジションを調整していくことが必要だろう。
 こうした介入をさせない政治家が日本経済を悪化させている。

 ・ 日本は「国債破綻」しない!

 また、日本銀行も自主独立機関であれば本来であれば強く市場に介入することが必要だが、評論家のごとき発言を繰り返す総裁ではSNB総裁と比較すれば無能であり役立たずそのものと言える。

 

« あおなみ線(区間5キロ)にSL走行計画? 煙や音も課題 | トップページ | ビジュアル版 幕末 維新の暗号 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治主導の弊害か? 為替介入にコメントできず:

« あおなみ線(区間5キロ)にSL走行計画? 煙や音も課題 | トップページ | ビジュアル版 幕末 維新の暗号 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ