« ソブリン債の高利回りの問題 はECBの責務の範囲内 | トップページ | スペイン国債の利回りを引き下げて市場を沈静化させる手法の導入 »

2012年7月27日 (金)

米新規失業保険申請件数は前週から減少し、35万件台に戻った。

 先週の米新規失業保険申請件数は前週から減少し、35万件台に戻った。

 

なお、米国では毎年夏季に行われる
   自動車工場の点検・整備
に伴う一時閉鎖で季節調整が困難なことから、この時期の申請件数は変動しやすい。

 米国労働省の広報担当官によると
   季節的要因よる申請件数の変動
はもう1週間続く可能性がある。
 比較的変動の少ない4週移動平均は
   36万7250件
      (前週 37万6000件)
に減少した。
 失業保険の継続受給者数は14日までの1週間で前週比3万人減少して329万人となった。

 労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は
   35万3000件
      (前週比-3万5000件)
であった。

 事前のエコノミスト予想では38万件だった。
 なお、前週は38万8000件(速報値38万6000件)に修正された。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ 

 

ひとこと
 この流れが継続すれば賃金の上昇を引き起こし住宅市場の価格や販売が改善する流れにつながる。
 経済は生き物でありお金の流れを滞るような政策は愚策そのものだ。

 商品の価値を引き下げる様な薄利多売も経済の活力を削ぐものであり、技術安売りにつながり、人的資源の無駄遣いそのものになりかねない。

   

« ソブリン債の高利回りの問題 はECBの責務の範囲内 | トップページ | スペイン国債の利回りを引き下げて市場を沈静化させる手法の導入 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米新規失業保険申請件数は前週から減少し、35万件台に戻った。:

« ソブリン債の高利回りの問題 はECBの責務の範囲内 | トップページ | スペイン国債の利回りを引き下げて市場を沈静化させる手法の導入 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ