« 量的緩和策 を拡大する可能性(BOE 英) | トップページ | 元の第2四半期のパフォーマンス2005年のドル・ペッグ(連動)制廃止 以後で最悪 »

2012年7月 2日 (月)

震天動地

【読み方】

 しんてんどうち

【意味】
 人々を驚き恐れさせること。

【つぶやき】
 知らないことや体験したことが強いインパクトとして身に降りかかれば、多くの場合は恐ろしいことが意識の先に生まれるだろう。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 量的緩和策 を拡大する可能性(BOE 英) | トップページ | 元の第2四半期のパフォーマンス2005年のドル・ペッグ(連動)制廃止 以後で最悪 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震天動地:

« 量的緩和策 を拡大する可能性(BOE 英) | トップページ | 元の第2四半期のパフォーマンス2005年のドル・ペッグ(連動)制廃止 以後で最悪 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ