« 外貨準備の運用の難しさに直面(中国) | トップページ | 追加緩和 に踏み切るかどうかの難しい判断 »

2012年8月30日 (木)

ライアーズ・ポーカー

  

 

ライアーズ・ポーカー

 1980年代の投資銀行(証券会社)は「巨大な幼稚園」だった!
 インサイダーの立場からウォール街の内幕を暴露した傑作を復刊!

 あのソロモン・ブラザーズのグッドフレンド会長を失脚に追いやり、 ウォーレン・バフェットまで登場させた
   自由奔放で滑稽
あきれ果てるようなウォール街の投資銀行の真実の物語!   

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 単に数字を増やすだけが目的の集団を作り出してしまった。次の時代を担うような方向に資金の流れを作るような姿はない。金の亡者ばかりが目に付きだした。そこには何でもありの社会だ。

   

 

« 外貨準備の運用の難しさに直面(中国) | トップページ | 追加緩和 に踏み切るかどうかの難しい判断 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライアーズ・ポーカー:

« 外貨準備の運用の難しさに直面(中国) | トップページ | 追加緩和 に踏み切るかどうかの難しい判断 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ