« 規制緩和第一弾か?(中国) | トップページ | 追加の時間 を与えることでは問題の解決にはならない? »

2012年8月24日 (金)

スペインから全面的な救済の要請は受けていない

 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会の
   レーン委員(経済・通貨担当)
の事務所は23日、スペインの
   銀行支援プログラムに焦点
を絞っているものの、現在、スペインから全面的な救済の要請は受けていないことを明らかにした。

  EUのスペイン銀行セクターの資本注入へ向けた
   欧州金融安定ファシリティー(EFSF)
の資金援助に関し、スペインと既に覚書が交わされているとの声明を発表した。

  

      ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
 
ひとこと

 信用不安が市場を席巻しない取り組みが重要であり、財政支出抑制による経済対策などありえない。
 商品等物流面における付加価値がどれだけつけることが出来るかが一番重要だ。
 単に薄利多売に陥るようでは価値の創造を撃ち殺し、負のスパイラルをたどりかねない。

  

« 規制緩和第一弾か?(中国) | トップページ | 追加の時間 を与えることでは問題の解決にはならない? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペインから全面的な救済の要請は受けていない:

« 規制緩和第一弾か?(中国) | トップページ | 追加の時間 を与えることでは問題の解決にはならない? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ