« ベタンクール氏 西インド洋のセーシェルに個人所有していた島を売却 | トップページ | スペイン政府 2日に国債入札したものの目標は達成 »

2012年8月 2日 (木)

救世済民

【読み方】

 きゅうせいさいみん

【意味】
 乱れた世の中を正して民衆を救うこと。

【つぶやき】
 これが政治家が取るべき道だが、欧米の権益確保を目論む輩ばかりでは何もかも盗られてしまうだけだ。
 日本のマスコミの正体は戦後体制からの継続であり、GHQの意のままに動く組織でしかない。

  

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

« ベタンクール氏 西インド洋のセーシェルに個人所有していた島を売却 | トップページ | スペイン政府 2日に国債入札したものの目標は達成 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救世済民:

« ベタンクール氏 西インド洋のセーシェルに個人所有していた島を売却 | トップページ | スペイン政府 2日に国債入札したものの目標は達成 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ