« 信頼崩壊の連鎖 | トップページ | 魔法の手帳2013 »

2012年8月27日 (月)

一騎当千

【読み方】

 いっきとうせん

【意味】
 一人で千人の敵を相手にできるほど強いこと。

【つぶやき】
 幾ら強くても、短時間であればまだしも長期間に渡り勝ち続けるのは至難の業だ。
 サポートを受ける体制を講じなければ常に勝つのは難しい。

 負ける場合でも、鞘当て程度で被害も小さければ問題は無い。
 情勢の読み誤りで、致命傷を負い再起不能まで叩きのめされるのは得策ではない。
 時期を読む術も必要だろう。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 信頼崩壊の連鎖 | トップページ | 魔法の手帳2013 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一騎当千:

« 信頼崩壊の連鎖 | トップページ | 魔法の手帳2013 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ