« 魔法の手帳2013 | トップページ | 日本の7-9月期の実質国内総生産(GDP) マイナス成長 に落ち込むとの見方 »

2012年8月27日 (月)

ギリシャのユーロ離脱 を唱える連立パートナーを批判(メルケル首相)

 ドイツのメルケル首相は26日、ARDテレビとのインタビューで
   ユーロ防衛
に向けた新たな決意を示したうえ
   ギリシャのユーロ離脱
を唱える連立パートナーに対し
   慎重に言葉を選ぶ
よう警告した。

 インタビューで首相自身が率いるキリスト教民主同盟(CDU)と統一会派を組むバイエルン州を支持基盤とするキリスト教社会同盟(CSU)の
   アレクサンダー・ドブリント幹事長
によるギリシャ離脱を唱えた発言について聞かれ
   危機との闘い
が最終的な段階に差しかかる中でそのような発言は悪影響を及ぼすと批判した。

 アレクサンダー・ドブリント幹事長は26日付の独紙ビルトに掲載された記事で、ギリシャは来年にはユーロ圏にとどまっていないだろうと述べていた。

 

 メルケル首相はまた、恒久的な救済基金である
   欧州安定化メカニズム(ESM)
は危機克服に絶対必要だと指摘した。

 なお、ESMの十分な論拠をわれわれは提示したと思うと語り
   ドイツ憲法裁判所
が9月12日にESMについて合憲との判断を下すことに自信を示した。

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

  

« 魔法の手帳2013 | トップページ | 日本の7-9月期の実質国内総生産(GDP) マイナス成長 に落ち込むとの見方 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 魔法の手帳2013 | トップページ | 日本の7-9月期の実質国内総生産(GDP) マイナス成長 に落ち込むとの見方 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ