« ライアーズ・ポーカー | トップページ | 掌中之珠 »

2012年8月31日 (金)

追加緩和 に踏み切るかどうかの難しい判断

 ロックハート総裁(アトランタ連銀)は、ワイオミング州
   ジャクソンホール
で経済専門テレビ局CNBCのインタビューに応じ
   米連邦準備制度理事会(FRB)
が力強い景気回復を促すための
   追加緩和
に踏み切るかどうかの難しい判断を迫られるとの認識を示した。

   ・ 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

  

 同総裁は、まさにぎりぎりの判断になると思うと発言した。
 雇用者数の伸びが毎月10万人を大きく下回る状態が続くか、物価下落につながる
   ディスインフレーションの兆候
が出た場合、政策について疑問の余地はなくなるだろうと述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 市場に低金利の資金が流れ出る溝が出来ているが...

  

« ライアーズ・ポーカー | トップページ | 掌中之珠 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追加緩和 に踏み切るかどうかの難しい判断:

« ライアーズ・ポーカー | トップページ | 掌中之珠 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ