« 取引バンド(許容変動幅) を来年の早い時期までに現在の1%から拡大(中国) | トップページ | いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 »

2012年8月18日 (土)

櫛風沐雨

【読み方】

 しっぷうもくう

【意味】
 風雨にさらされながらも、苦労して奔走すること。

 また、世の中のさまざまな辛苦にさらされることのたとえ。

【つぶやき】
 世の中いろいろなことがあるが、悪いことばかりではない。

 良くなることもあるが、政治家の質が悪いとせっかく良い時代になる芽を摘むような政治をとってしまう。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 取引バンド(許容変動幅) を来年の早い時期までに現在の1%から拡大(中国) | トップページ | いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 櫛風沐雨:

« 取引バンド(許容変動幅) を来年の早い時期までに現在の1%から拡大(中国) | トップページ | いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ