« 中国内のデモ過激化 対日強硬派の太子党 習近平一派による政治闘争が背景か? | トップページ | 利己的なサル、他人を思いやるサル モラルはなぜ生まれたのか »

2012年9月20日 (木)

世界経済の成長見通しの変更はない模様

 国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト
   オリビエ・ブランシャール氏
は17日、ハンガリーの首都ブダペストで講演した。

 

IMFによる世界経済の成長見通しが
   約2週間後に公表
されるとし、従来予想から大きく異なることはないだろうと述べた。

 IMFが7月に公表した世界経済の成長率予測は、2012年が3.5%、13年は3.9%となっていた。                

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
  
ひとこと

 景気対策に本格的に各国政府が取り組めば、成長予測はほぼ同じになるかそれよりやや加速して回復の道筋を歩むだろう。

  
    

« 中国内のデモ過激化 対日強硬派の太子党 習近平一派による政治闘争が背景か? | トップページ | 利己的なサル、他人を思いやるサル モラルはなぜ生まれたのか »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済の成長見通しの変更はない模様:

« 中国内のデモ過激化 対日強硬派の太子党 習近平一派による政治闘争が背景か? | トップページ | 利己的なサル、他人を思いやるサル モラルはなぜ生まれたのか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ