« 欧州安定化メカニズム(ESM)の理事会を10月8日に開催 | トップページ | 連邦憲法裁判所のESMの批准を条件付きで承認、危機収束に向けた大きな一歩 »

2012年9月13日 (木)

メルケル首相が推進する「赤字抑制の財政協定」の批准に向けて障害は解消

 憲法裁の判断後に
   レスラー独副首相兼経済技術相
はベルリンで記者団に対し、恒久的救済基金である
   欧州安定化メカニズム(ESM)
およびメルケル首相が推進する
   赤字抑制の財政協定
の批准に向けて障害はなくなったと述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 赤字抑制の財政協定の批准については、アメである欧州安定化メカニズム(ESM)を健全に運営するためにムチにも当るものであり、議論百出になるかもしれない。

 2つをセットにしたものでなければ意味がないとドイツは他の欧州16カ国に要求するため、利害調整に手間取るだろう。

  
 

    

 

    

« 欧州安定化メカニズム(ESM)の理事会を10月8日に開催 | トップページ | 連邦憲法裁判所のESMの批准を条件付きで承認、危機収束に向けた大きな一歩 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 欧州安定化メカニズム(ESM)の理事会を10月8日に開催 | トップページ | 連邦憲法裁判所のESMの批准を条件付きで承認、危機収束に向けた大きな一歩 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ