« 秋風索漠 | トップページ | 円全面高だが天井は低いだろう »

2012年9月 3日 (月)

経済と国家がわかる 国民の教養

  

 

経済と国家がわかる 国民の教養

◆ 常識を疑わないバカが日本を壊す。
◆ 今こそ“新しい教養”が必要だ

 ■ 「日本は財政破綻する」→しない
 ■ 「日本の公務員は多すぎる」→少ない
 ■ 「少子化でデフレが止まらない」→逆
 ■ 「年金制度は崩壊する」→しない
 ■ 「グローバリズムは正しい」→終焉
 ■ 「欧州の多文化主義を見習え」→崩壊
 ■ 「ナショナリズムは害悪だ」→健全

 メディアには誤った言説が溢れている。

 本書ではそれらの言説に対し、データをもとに徹底的に反論します。
これまでの「常識」を疑い、覆すことで新しい「教養」を提唱する。
たった30の教養を知ることで日本を良い方向へと変えていきたい。

 経済書やニュース解説ではわからない「本物の教養」の一端を提示します。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 日本の大手メディアの暴走が国力を低下させる元凶だ。
意図的に報道する情報量を偏向し、欧米の意に従うように加工し、ヒステリックな発言に同調しやすくして低俗的な思考に落としむべく国民判断力を操っている。

 TVなど視聴覚的な分野では最初に
「シナリオに沿った結論あり」
の討論が多すぎ、反対意見などは茶化したり途中で打ち切ったりと出演者の意見をへし曲げる司会者など...

 報道の自由とは名ばかりの有様になっている。

 アンケート等も作為的な質問内容や順番をコントロールすることで回答を制御することなど容易いことだろう。
 そもそも、無回答などの比率を考えればアンケートに基づく世論などの数値は信頼性に欠けるものだ。

    
   

« 秋風索漠 | トップページ | 円全面高だが天井は低いだろう »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済と国家がわかる 国民の教養:

« 秋風索漠 | トップページ | 円全面高だが天井は低いだろう »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ