« 1500社余りの外為サービスの利用を停止(中国国家外為管理局 SAFE) | トップページ | 主客転倒 »

2012年9月 4日 (火)

食の終焉

  

 

食の終焉

 高度な食料経済の構築により、農産物や食肉、加工食品を一年中どこでも買えるようになった。
 しかし、低コスト・大量生産モデルを世界的規模に拡大することで、私たちはその恩恵だけでなく、負の要素も世界中に広めてしまった。
 その負の要素とは何か、このシステムは持続可能なのか、膨大な取材をもとに明らかにする。 。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 薄利多売の商売の限界を早く知ることが必要だろう。

 技術の安売りは新技術の開発力を削ぐことになりかねない。

 日本が韓国や中国などの企業に競争で負けるのは技術者の使い捨ての影響が大きい。

 

    

« 1500社余りの外為サービスの利用を停止(中国国家外為管理局 SAFE) | トップページ | 主客転倒 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の終焉:

« 1500社余りの外為サービスの利用を停止(中国国家外為管理局 SAFE) | トップページ | 主客転倒 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ