« スペイン国債が反発 | トップページ | 政府の緊縮策を国民が引き続き受け入れると確信?(イタリア) »

2012年9月28日 (金)

ユーロが対米ドルで反発

  NY時間、外国為替市場では、スペインが5回目となる
   財政緊縮パッケージ
を発表したことで、救済を要請した場合の条件を満たせるとの観測が広がりユーロは一時2週間ぶり安値を付けたが、その後は値上がりし、ユーロが米ドルに対して反発した。

 米ドルは主要16通貨全てに対して下落した。

 米新規失業保険申請件数は予想以上に減少しており
   高リスク資産
の需要が高まり、株式・原油相場は上昇した。

 

 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は電子メールでスペインの予算案について
   EUが示す国別の推奨
に対応しており、一部はそれを上回る内容だと評価した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 欧州の信用不安が投資家の心理を弄んでいる感じだ。

 
    

« スペイン国債が反発 | トップページ | 政府の緊縮策を国民が引き続き受け入れると確信?(イタリア) »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロが対米ドルで反発:

« スペイン国債が反発 | トップページ | 政府の緊縮策を国民が引き続き受け入れると確信?(イタリア) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ