« ドイツの8月製造業受注、前月比1.3%減で予想以上の落ち込み | トップページ | 米国 消費者信用残高 8月は181億2000万ドル増 »

2012年10月 6日 (土)

NY時間 リスク選好揺り戻しで米ドルが週間で下落

 NY時間の外国為替市場では、米ドルが対ユーロで続落し、週間ベースでは3週ぶりの下落となった。

 米国の失業率が予想外に低下したことを受け、高利回り資産を求める動きが強まりユーロ等からの米ドルへの逃避買いが後退した。

 9月の失業率が2009年1月以来の水準に低下したことが背景となり米ドルはユーロに対して一時、1.3071と約2週間ぶり安値を付けた。
 午後に入りドルは下げ渋る展開に変化したためリスク意欲が減退するのに伴いNY株式相場は上げを失った。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 ユーロの信用不安の後退が本格化しているかどうかは不明だ。

 
    

« ドイツの8月製造業受注、前月比1.3%減で予想以上の落ち込み | トップページ | 米国 消費者信用残高 8月は181億2000万ドル増 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY時間 リスク選好揺り戻しで米ドルが週間で下落:

« ドイツの8月製造業受注、前月比1.3%減で予想以上の落ち込み | トップページ | 米国 消費者信用残高 8月は181億2000万ドル増 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ