« 英国は自国の銀行を 欧州中央銀行(ECB) の監督下に置くことを容認しない | トップページ | 12会計年度(9月終了)の財政収支(米国) »

2012年10月12日 (金)

中国の9月の消費者物価指数(CPI)の伸び率は2年ぶり低水準近辺との見込

 ブラジルや韓国、オーストラリアが
   利下げに踏み切った
のとは対照的に、中国では向こう数カ月間の
   インフレ加速
の見通しから、政策担当者が今年3回目となる
   利下げの見送り
を余儀なくされる可能性がある。

   ・ 驚愕の真相 3・11人工地震でなぜ日本は狙われたか?

 

 ただ、米国の干ばつの影響での拡大で
   大豆やとうもろこしの価格
を過去最高に押し上げておりインフレ再燃のリスクが強まっている。

  

      

 

 中国の9月の消費者物価指数(CPI)が 15日発表予定だがエコノミストへの調査では
   前年同月比+1.9%
の上昇と予想されている。

 伸び率は2年ぶり低水準近辺と見込まれる。 

 中国経済は穀物の値上がりが豚肉価格上昇をもたらしているほか、政府は住宅価格が再び上昇に転じるを防ぐ取り組みも進めいるため1999年以来の低成長に陥るリスクが強まっている。

   ・ 地球ファシズムへの策謀 すべてを暴露する「イルミナティカード450枚」の人工予言+完全解析

  

 クレディ・アグリコルCIBは、年末までに上昇率が4%近くになる可能性があるとの見方を示した。
 また、シティグループは約3.5%の伸びを見込んでいる。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 インフレ再燃のリスクは欧州の景気後退に伴い、人民元の低下の影響から輸入物価の上昇の影響もあるだろう。
 太陽電池パネルの不当競争に対する制裁関税を加えるような動きもあり、景気後退の動きは止まりそうにない。

   
    

« 英国は自国の銀行を 欧州中央銀行(ECB) の監督下に置くことを容認しない | トップページ | 12会計年度(9月終了)の財政収支(米国) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 英国は自国の銀行を 欧州中央銀行(ECB) の監督下に置くことを容認しない | トップページ | 12会計年度(9月終了)の財政収支(米国) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ