« 杞人之憂 | トップページ | いわゆる「財政の崖」 の回避に向け、議会指導部をホワイトハウスに招き、交渉を開始 »

2012年11月11日 (日)

中国の貿易統計では10月強い回復を示した?

 中国税関総局が10日、10月の輸出が前年同月比+11.6%と市場予想(同+10%)を上回る伸びを示したことを発表した。

   ・ 華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え

 

 工業生産が5カ月ぶりの大幅増となるなど、世界2位の規模を持つ中国経済が
    10-12月(第4四半期)
に回復することを示唆する材料が増えつつある。
 なお、9月は9.9%増だった。

   ・ 華僑流おカネと人生の管理術

 

 一方、輸入は前月並みのペースの同2.4%増と、エコノミスト予想を下回った。

 貿易黒字は国際商品相場の下落にともない輸入の伸びが鈍化したことを背景として320億ドル(予想 273億ドル)だった。
 なお、9月実績は277億ドルであった。

   ・ 定本 華僑商法100カ条

 

 陳徳銘商務相は同日の会見で
   9、10月の輸出の伸び回復
は中国経済が徐々に安定し始めていることを示すと発言した。

 一方、今後数カ月の貿易の見通しは厳しいとの見方も示した。

   ・ 新華僑 老華僑―変容する日本の中国人社会

 

 なお、10月の輸入の伸びは市場予想の同+3.4%には届かなかった。
 11年10月実績は同28.7%増だった。       

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 日本からの輸入について通関手続きを遅らせた影響がこれから強く出てくるだろう。

   ・ カリスマ華僑夫人が教える! 世界の富める男たちの[お金と愛情の法則]

 

 日本企業は中国の13億という人口全てが取引の対象となる消費者という妄想は棄て去るべきだ。

 本来であれば、経済が発展すれば所得の拡大が波及し中間層が大幅に増えるものだ。
 しかし、中国は人口が多すぎて社会インフラがすすんでいく可能性は少なく、一人っ子政策の影響からまもなく生産人口が減少に転じていくこととなる。

   ・ ユダヤ商法と華僑商法―合理主義vs地縁血縁主義

 

 莫大な人口を養う農業と経済発展のための工業化において安価で安全な水の確保は既に限界に達している。
 こうした水資源が経済成長の発展を妨げるのは明らかだ。

   ・ 華僑烈々―大中華圏を動かす覇者たち

 

 日本企業は日本軍が欧米の植民地だった地域で独立時の闘争において役割を果たし、対日で中国とは異なり友好的なベトナム、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、インドネシアなどに経済活動の拠点を中国シフトを強める以前の状態に早急に戻し投資活動を活発化させるべきだろう。

 
 

« 杞人之憂 | トップページ | いわゆる「財政の崖」 の回避に向け、議会指導部をホワイトハウスに招き、交渉を開始 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の貿易統計では10月強い回復を示した?:

« 杞人之憂 | トップページ | いわゆる「財政の崖」 の回避に向け、議会指導部をホワイトハウスに招き、交渉を開始 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ