« 10月の住宅ローン承認件数 9カ月ぶり高水準 | トップページ |  空母 「遼寧」 の甲板上で艦載機「殲15」 の着艦訓練を実施 »

2012年11月23日 (金)

北朝鮮が長距離弾道ミサイル の発射を準備

 米国政府が11月初旬、北朝鮮の
   北西部・東倉里(トンチャンリ)
のミサイル発射基地に
   長距離弾道ミサイル
の発射準備とみられるミサイル部品のような貨物が運び込まれる動きを捉え、22日までに
   日韓両国政府に通報
したことを複数の政府関係者がメディアに明らかにした。(関連情報

   ・ 北朝鮮 隠された強制収容所

 北朝鮮は4月、ロケット発射を強行したが、失敗に終わっいる。

 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は当時、飛翔体は
   テポドン2号 ミサイル
だったとの見方を示した。

   ・ 北朝鮮 いまだ存在する強制収容所: 廃絶のために何をなすべきか

 

 新聞報道等では技術的には今月末にも発射可能としているが
   12月の韓国大統領選
などを控えた現段階での発射には懐疑的な見方もあるという。

 韓国合同参謀本部の広報担当者は日本の新聞報道の内容を確認できないと述べ
    韓国の警戒レベル
は変更されていないと述べた。

   ・ なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか―日本の鏡としての北朝鮮

 

 北朝鮮は10月、米韓両国が韓国軍の弾道ミサイルの射程距離を
   800キロメートル
に延長することに合意したのを受けた。

 米国と日本およびグアム島の米軍を攻撃可能なロケットを保有していると発表した。 

   ・ 北朝鮮建国神話の崩壊: 金日成と「特別狙撃旅団」

 

 聯合ニュースによると、韓国の
   金寛鎮国防相
は22日、12月の同国大統領選前に北朝鮮が挑発行為に出ることもあり得ると警戒感を示していた。(関連記事

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 春先よりも気象条件が悪い時期に成功させる可能性は極めて低いだろう。
 発射してコントロールすら出来ないミサイルの打ち上げでは武器としての価値は見出せないだろう。

  
  

 

 
 
  

« 10月の住宅ローン承認件数 9カ月ぶり高水準 | トップページ |  空母 「遼寧」 の甲板上で艦載機「殲15」 の着艦訓練を実施 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が長距離弾道ミサイル の発射を準備:

« 10月の住宅ローン承認件数 9カ月ぶり高水準 | トップページ |  空母 「遼寧」 の甲板上で艦載機「殲15」 の着艦訓練を実施 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ