« 欧州の銀行同盟の計画やシステム上重要な銀行について話し合い? | トップページ | 斎戒沐浴 »

2012年11月 2日 (金)

日本経済の真相

  

 

日本経済の真相

 「真実の97%」が隠されている。
 復興のためには増税しかない。
 負債1000兆円、財政は破綻寸前。
 日本国債がデフォルトになり暴落。全部、ウソ。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 国債の発行残高が1000兆円で、格付けが低くなれば本来なら円安が過度にすすむことになる。
 それが、円高で輸出産業は青息吐息だ。こうした経済活動に矛盾した状況を是正するためには需要がある円紙幣を刷って海外投資家の保有する紙幣と交換すれば良いだけだ。
 愚かにも消費税を引き上げ国債発行額を下げたら、円高を固定させることが誰でもがわかることだ。   

 

 

« 欧州の銀行同盟の計画やシステム上重要な銀行について話し合い? | トップページ | 斎戒沐浴 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済の真相:

« 欧州の銀行同盟の計画やシステム上重要な銀行について話し合い? | トップページ | 斎戒沐浴 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ