« 国士無双 | トップページ | 米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限 »

2012年11月20日 (火)

豪準備銀行(中央銀行)は11月6日の金融政策決定会合の議事録を公表

 豪準備銀行(中央銀行)は20日、11月6日の金融政策決定会合の議事録を公表した。

   ・ さらば日米同盟! 平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策

  

 鉱山ブームの勢いが弱まる中で、 議事録によれば、決定会合において経済成長促進のために
   一段の利下げ
が適切となる可能性があると判断したことを明らかにした。  

 また、金利低下などに支えられ、住宅と他の設備投資の緩やかな回復が期待される。

 一方では、このような改善が起きる時期や規模をめぐる不透明感も存在すると指摘された。

   ・ ぶり返す世界恐慌と軍事衝突

 

 豪中銀は6日、世界経済の見通し改善と国内のインフレ加速を理由に挙げ、政策金利 であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を据え置いている。

 豪中銀は、過去1年で5回の利下げを実施していた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 資源開発には長期間の投資が必要であり、景気変動に合わせ資金を絞ることは事実上不可能だろう。

 
  

 

 
  

« 国士無双 | トップページ | 米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国士無双 | トップページ | 米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ