« 三橋貴明氏が語る「無礼な韓国を潰すのは簡単だ」 | トップページ | アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる [ 日下公人 ] »

2012年12月14日 (金)

日本経済の不都合な真実 生き残り7つの提言 [ 辛坊治郎 ]

  

概  要

 怒れ!

 この国は本当に大丈夫か!?

 政治三流、経済二流―知らないではすまされない無責任国家のタブーとは?

 2011年が、日本再建のラストチャンス。              

 
      
          

 

 

ひとこと
  リスク対応として危機感を持つのは良しとしても、ネガティブになりすぎて国民がヒステリック化し無節操な輩の意見ばかりが目に付きだしている。マスコミには倫理観が最近では欠如しており、真実の発言をする政治家も官僚、企業経営者もいなくなっている。

 報道記事がセンセーションになりすぎ、反日的なことを是とするような国益を毀損しかねない流れを支援している。マスコミ情報はマスゴミと同義になっては...

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
 
  

« 三橋貴明氏が語る「無礼な韓国を潰すのは簡単だ」 | トップページ | アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる [ 日下公人 ] »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済の不都合な真実 生き残り7つの提言 [ 辛坊治郎 ]:

« 三橋貴明氏が語る「無礼な韓国を潰すのは簡単だ」 | トップページ | アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる [ 日下公人 ] »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ