« 絶対こうなる!日本経済 [ 榊原英資 ] | トップページ | 対米証券投資で欧州懸念が後退した影響から10月の買越額が予想下回る。 »

2012年12月17日 (月)

中国の対日政策の重視はマスコミや政治家の取り込みで国力を削ぐことだ。

 中国外務省の華春瑩報道官は17日、北京での記者説明会で、中国は対日政策を極めて重視しており、両国の
   平和的な関係
を維持することが双方の利益にかなうと述べた。

  

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 中国に油断するとチベットと同様になりかねないのは明らかだ。
 ウィグルや満州人、モンゴル人など勢力を削ぐような政策は過去の歴史を見ればいい。
 人口増加を削ぐ動きなどあらゆる手段を講じてくるだろう。

 脇が甘く手は話にならず、事業仕分けなども同じ流れの途上にあるもので行政機構の破壊をマスコミを手なずけた中国に近い勢力の目論見のひとつだろう。

  
 

« 絶対こうなる!日本経済 [ 榊原英資 ] | トップページ | 対米証券投資で欧州懸念が後退した影響から10月の買越額が予想下回る。 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 絶対こうなる!日本経済 [ 榊原英資 ] | トップページ | 対米証券投資で欧州懸念が後退した影響から10月の買越額が予想下回る。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ