« 日本経済・今度こそオオカミはやってくる [ 竹中平蔵 ] | トップページ | ソブリン債危機 に対する国家の脆弱性 »

2012年12月 7日 (金)

公平無私

【読み方】

 こうへいむし

【意味】
 公平で、すこしも私心を交えないこと。

【つぶやき】
 公平の根拠だが、判断が難しい。私心を加えないのは理想だが、能力と努力、運が織り込み成果が生まれるが、時期と環境を一致させて判断することは不可能であり、機会均等を進めることが重要だ。

 結果平等だけでは、能力のある者が難しい仕事を任され、時として大失敗に陥る可能性がある。
 小物は簡単な仕事を恙無く処理するため評価が高くなる。
 こうしたことが金融機関がリスクを取る戦略的な融資が出来ない原因だ。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

  

« 日本経済・今度こそオオカミはやってくる [ 竹中平蔵 ] | トップページ | ソブリン債危機 に対する国家の脆弱性 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公平無私:

« 日本経済・今度こそオオカミはやってくる [ 竹中平蔵 ] | トップページ | ソブリン債危機 に対する国家の脆弱性 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ