« アルジェリア軍の人質救出作戦は最も適切な対応(フランスのオランド大統領) | トップページ | 日中対立で米国は「言葉を慎む」とは?? »

2013年1月20日 (日)

ステファン・グラッペリ ( 1908 - 1997)

ステファン・グラッペリ
   Stéphane Grappelli
    (1908年1月26日 - 1997年12月1日)
 フランスのジャズ・ヴァイオリニストで知られる。

 パリにて、アラトリ(ラツィオ州 イタリア)出身のイタリア人である父
   エルネスト
とサントメール(バス=ノルマンディー地域圏 フランス)出身の母
   アンナ=エミリー
との間に生まれたが母は彼が4歳の時に死去している。

 12歳頃から、路上や庭でヴァイオリンを弾き、日銭を稼いで家計の足しにしていた。
 プロとして活動を始めたのは1923年、サイレント映画上演の際に演奏を行うヴァイオリニスト・ピアニストとしてであった。

 

 ジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルトの相方として
   フランス・ホット・クラブ五重奏団
       (the Quintette du Hot Club de France)
を結成し、第二次世界大戦前から晩年まで精力的な演奏活動を続けた。

 

 晩年、ジャズ以外の分野の演奏家とも共演し、特にクラシック分野では
   ユーディ・メニューイン
   ヨー・ヨー・マ
らとの共演が有名。
 メニューインとは英国BBCテレビでの共演をきっかけに、数枚のアルバムを録音した。

 

 映画音楽も手がけ、1973年のフランス映画「バルスーズ(原題 "Les Valseuses")」や、1989年のフランス映画「5月のミル(原題 "Milou En Mai")」の音楽を担当した。

 グラッペリの人生をドキュメンタリーにまとめた「Life In The Jazz Century」がDVDとして発売されている。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

 

 

   

 

 

 

« アルジェリア軍の人質救出作戦は最も適切な対応(フランスのオランド大統領) | トップページ | 日中対立で米国は「言葉を慎む」とは?? »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステファン・グラッペリ ( 1908 - 1997):

« アルジェリア軍の人質救出作戦は最も適切な対応(フランスのオランド大統領) | トップページ | 日中対立で米国は「言葉を慎む」とは?? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ