« 法的に義務付けられた最低賃金 をユーロ採用国に定めるよう呼び掛け | トップページ | 中国の発電量が2012年に4.52%増加(新華社) »

2013年1月11日 (金)

2013年 大暴落後の日本経済

  
  
 
・ 2013年 大暴落後の日本経済
 
 的中率No.1エコノミストとして投資家から絶賛されている中原氏による「2年後の日本経済」の行方。
 世界のマネーがギリシャの次に狙うのは、日本・円。国際経済から見捨てられる日本はどのようになっていくのか、円・債権・株のトリプル安が起こる中で、どのような投資スタンスをとればいいのかをズバリ教える
。 
 
          

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 ギリシャと日本は同一視するような思考は問題だ。経済力、技術力など比較する基準が違いすぎる。
 そもそも、ギリシャ経済が悪化した原因はイランとの経済関係の結びつきが強く、核開発で経済制裁を受けた結果、景気回復の芽が潰されている点が排除されている。
 
 経済は政治と表裏一体であり、地政学的な位置と取引関係の影響を考慮すれば景色は全く異なっていることに気づくべきだ。
 
  
   

« 法的に義務付けられた最低賃金 をユーロ採用国に定めるよう呼び掛け | トップページ | 中国の発電量が2012年に4.52%増加(新華社) »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年 大暴落後の日本経済:

« 法的に義務付けられた最低賃金 をユーロ採用国に定めるよう呼び掛け | トップページ | 中国の発電量が2012年に4.52%増加(新華社) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ