« アレルギー性ショック | トップページ | 米国経済は回復の兆し »

2013年2月28日 (木)

人民元は世界で13番目によく利用される通貨

 国際銀行間通信協会(SWIFT)が27日、リポートを発表し決済通貨としての
   中国人民元
の利用が初めてロシア・ルーブルを上回ったことが明らかになった。

 リポートに よれば、世界の決済システムにおける1月の人民元決済は前月比+24%に増加した、前年同月比171%増。ルーブルは前月比5.4%減った。

 世界の決済に占める人民 元利用の割合は0.63%と過去最高を記録している。

 人民元は世界で13番目によく利用される通貨となった。ルーブルの割合は0.56%で15番目だった。

 世界で最もよく使われる通貨はユーロでその割合は40.2%(前年同月は44%)だった。

 以下米ドルの33.5%(同29.7%)、英ポンドの8.6%(同9%)と続く。

 

 なお、1月は日本円を含む上位4通貨が全体の約85%を占めた。

世界の決済における各通貨の割合(2013年1月時点)  

 1. ユーロ 40.17%
 2. 米ドル 33.48%
 3. 英国ポンド 8.55%
 4. 日本円 2.56%
 5. 豪ドル 1.85%
 6. スイスフラン 1.83%
 7. カナダドル 1.80%
 8. シンガポールドル 1.05%
 9. 香港ドル 1.02%
10. タイバーツ 0.97%
11. スウェーデンクローナ 0.96%
12. ノルウェークローネ  0.80%
13. 人民元 0.63%
14. デンマーククローネ 0.58%
15. ロシアルーブル 0.56%
 
 

« アレルギー性ショック | トップページ | 米国経済は回復の兆し »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人民元は世界で13番目によく利用される通貨:

« アレルギー性ショック | トップページ | 米国経済は回復の兆し »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ