« 為替レートを目標としないことなどを明記した共同声明を採択して閉幕(G20) | トップページ | あたりまえだが、G20声明は日銀の政策に影響しない »

2013年2月17日 (日)

通貨の競争的な切り下げを回避することなどを確認

 麻生太郎財務相は、16日午後、モスクワで開かれていた
   20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
の終了後に日本銀行の
   白川方明総裁
が同席した記者会見において、為替に関して各国が
  ・市場で決定される為替レート
  ・為替の柔軟性の重要性
のほか、通貨の競争的な切り下げを回避することなどを確認したと指摘した。
 なお、日本政府としても引き続きこうした原則に従っていく考えを示した。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 為替市場への介入を阻止するという意思を確認したというだけの話だ。
 意図的に円高を演出した国際資本等の流れが日本の円高を生み出したが、今度は、欧米の景気回復に伴い円安シフトが引き起こされる。

 日本政府や民間企業が保有する外貨や外国債券を市場で売却し利益を確保する場合、政府関連の売却にはG7やG20で説明できる情報の提供がなければ、市場介入として袋叩きに合うことを意味しているのではないだろうか。

 一昨年に、ユーロの下落に伴うリスクマネーの流入で大きく跳ね上げたスイスフランの防衛で米国のヘッジファンド
   ムーア・キャピタル
出身のスイス中央銀行のヒルデブランド総裁が介入したが経済規模から見れば日本とは比較とならず問題化はしていない。
 ただ、その後、スキャンダルが発生し
ヒルデブランド総裁は辞任を余儀なくされている。
 
 
 

« 為替レートを目標としないことなどを明記した共同声明を採択して閉幕(G20) | トップページ | あたりまえだが、G20声明は日銀の政策に影響しない »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通貨の競争的な切り下げを回避することなどを確認:

« 為替レートを目標としないことなどを明記した共同声明を採択して閉幕(G20) | トップページ | あたりまえだが、G20声明は日銀の政策に影響しない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ