« 世界が通貨戦争の瀬戸際という話は眉唾 | トップページ | 北朝鮮の核実験で国連安保理が緊急会合 »

2013年2月12日 (火)

統計学が最強の学問である

 あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。
 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。
 「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。

 
 

  
統計学が最強の学問である

 
 

ひとこと
 正確な数値が反映できれば経済最強の羅針盤だ。
 ただ時間差があり歪がある程度内在しているのも止むを得ないことだろう。

  
  

   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ

  
  
   

« 世界が通貨戦争の瀬戸際という話は眉唾 | トップページ | 北朝鮮の核実験で国連安保理が緊急会合 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統計学が最強の学問である:

« 世界が通貨戦争の瀬戸際という話は眉唾 | トップページ | 北朝鮮の核実験で国連安保理が緊急会合 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ