« ユーロ圏の10-12月域内総生産(GDP 、速報値) | トップページ | 極楽飯店 »

2013年2月15日 (金)

G20では為替レートの変動 に協議の重点

 国際通貨基金(IMF)のライス報道官は14日、ワシントンで記者会見し
   IMFの多面的な評価
では、当該通貨に関して適正価値からの著しい逸脱は示唆されていないと述べ
   世界的な通貨戦争
に関する議論は
   誇張されている
との認識を示した。

 また、今週モスクワで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では
   為替レートの変動
に協議の重点が置かれる見通しだと続けた。
 また、協調的なアプローチを念頭に置いて注視すべき動向だとの見解を示した。
 もちろんIMFはこの取り組みで自らの役割を果たすつもりだとも話した。

 

 円安の動きに関する当局者の見解の相違が市場に混乱を来した後、ロシアの
   シルアノフ財務相
は為替操作に対してG20はより厳しい姿勢を示すべきだと指摘した。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 G20の議長国がロシアだが、資源の消費先拡大という思惑があり地理的な関係からは中国や日本に対しては米国よりも有利な面があり、経済的な思惑が背後にした交渉が進められる見込みだ。

 
 
 

« ユーロ圏の10-12月域内総生産(GDP 、速報値) | トップページ | 極楽飯店 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G20では為替レートの変動 に協議の重点:

« ユーロ圏の10-12月域内総生産(GDP 、速報値) | トップページ | 極楽飯店 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ