« 株価上昇を見込むポジションを減らしショート・ポジションを増やした | トップページ | ゼロ金利、2014年6月までに上昇も (セントルイス連銀総裁) »

2013年2月22日 (金)

フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小

 米国フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小を示した。

 フィラデルフィア連銀が21日発表した2月の同地区製造業景況指数は
   マイナス12.5(前月 マイナス5.8)
に低下し昨年6月以来の低水準となった。

 事前のエコノミスト調査予想では1への上昇だった。

 同指数はゼロが拡大と縮小の境目を示す。

 項目別に見ると、新規受注はマイナス7.8(前月 マイナス4.3)に悪化した。
 なお、出荷は2.4(前月0.4)と低迷。

 在庫水準はマイナス10(前月 マイナス6.5)に縮小した。

 雇用者数は0.9(前月 マイナス5.2)に上昇した。
 雇用の先行指標となる週平均労働時間はマイナス1.6(前月 マイナス8.3)だった。
 仕入価格指数は8.9(前月14.7)だった。

 販売価格指数はマイナス0.5(同マイナス1.1)だった。
 なお、6カ月先の景況指数は32.1(前月 29.2)に改善している。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 ペンシルベニア州西部の石炭・鉄鋼地域へのアクセスポイントでもあるフィラデルフィアは食品加工業や造船・船舶修復業なども製造業の基盤として発達している。
 こうした産業の動向を反映した指数が後退している状況は株価にはマイナスだ。

 ただ、市場への資金の流入を景気回復の見極めより若干早く絞る意思がFOMCの議事録で明らかにされ対応円安の流れが停止しており、この指標で再び市場への資金供給が続く医師になる可能性もあり、円安の流れが起きるかもしれない。

 
  

« 株価上昇を見込むポジションを減らしショート・ポジションを増やした | トップページ | ゼロ金利、2014年6月までに上昇も (セントルイス連銀総裁) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 株価上昇を見込むポジションを減らしショート・ポジションを増やした | トップページ | ゼロ金利、2014年6月までに上昇も (セントルイス連銀総裁) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ