« 南太平洋のソロモン諸島沖でM8.0の地震 | トップページ | ハリファクス 1月の英住宅価格は下落 »

2013年2月 6日 (水)

レーダー照射、「承知していない」(華報道官 中国外務省)

 中国外務省の
   華春瑩報道官
は6日、北京で記者団に対し、中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦に
   射撃管制用レーダー
を照射したとの日本政府の主張について、詳細は
   承知していない
と述べ、日本の報道を通じ、5日公表されたこの事件を知ったと語った。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 本来であれば「射撃管制用レーダー」の照射は戦闘における攻撃準備であり、反撃を受けても先に手を出したことと同じであり文句は言えない類のものだ。

 攻撃的な中国軍の行動が続けば偶発的に戦闘が開始される音に繋がることを思い知るべきだろう。
 何もしないことが続けば被害が日本の自衛隊が受ける事となる。
 政治的な押さえ込みを自衛隊や海上保安庁にし続けていた政治家の行いで日本人が被害を受けた場合には前世委任をとらせるべきだろう。

 
 
 
 
  

« 南太平洋のソロモン諸島沖でM8.0の地震 | トップページ | ハリファクス 1月の英住宅価格は下落 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーダー照射、「承知していない」(華報道官 中国外務省):

« 南太平洋のソロモン諸島沖でM8.0の地震 | トップページ | ハリファクス 1月の英住宅価格は下落 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ