« 米国の大手銀行に債務リスクが拡大、対応強化が必要 | トップページ | 中台統一の目標を堅持?中国共産党の習総書記 »

2013年2月25日 (月)

周小川総裁 を留任させる方針

 中国で開催される3月の
   全国人民代表大会(全人代、国会に相当)
では国家主席として
   習近平党総書記
が就任することが確実視されており、共産党は中国人民銀行(中央銀行)の
   周小川総裁
を留任させる方針であることが、この事情を直接知る関係者が協議が非公開であることを理由に匿名を条件にメディアの取材で明らかにした。
 なお、周総裁は共産党が昨年11月に発表した新しい中央委員から外れており、有閑職入りとはならなかった。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


 

ひとこと
 金融市場にとっては特段問題はない。

 
   

« 米国の大手銀行に債務リスクが拡大、対応強化が必要 | トップページ | 中台統一の目標を堅持?中国共産党の習総書記 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周小川総裁 を留任させる方針:

« 米国の大手銀行に債務リスクが拡大、対応強化が必要 | トップページ | 中台統一の目標を堅持?中国共産党の習総書記 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ