« 乱筆乱文 | トップページ | 棄権の代償 として政策上の譲歩を求める可能性 »

2013年3月 4日 (月)

北朝鮮 ミサイル1000基を実戦配備

 韓国のミサイル専門家が4日、北朝鮮が射程300~500キロメートルの「スカッド」が700基、射程1300キロメートルの「ノドン」が300基余りの計1000基を実戦配備しているとの見方を明らかにした。

 この専門家は形状改良などにより弾頭を軽量化し、着弾の精度も上げたようだとメディアに話した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
  
ひとこと

 ノー天気に外交交渉での解決を唱えても、時間稼ぎと対価を求める対手にはなんら効果など無いということだ。

 時間がたてば事態は悪化していくだけで軍備の増強が進んでいることが理解できていない平和団体やマスコミの主張や報道で国民の意識が洗脳されて、丸裸にされてきた事実を冷静に考えるべきだ。

 自虐的な戦略をとる瀬戸際の国家に対する警戒心をもっと持つべきだろう。
 戦略的に同士討ちを誘うような戦術も多用するような諜報部門等(CIA、NSA、軍諜報部等)を国家戦略として実行できる組織も日本には必要だろう。

 
 

« 乱筆乱文 | トップページ | 棄権の代償 として政策上の譲歩を求める可能性 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮 ミサイル1000基を実戦配備:

« 乱筆乱文 | トップページ | 棄権の代償 として政策上の譲歩を求める可能性 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ