« 中国の大気汚染は劣悪な品質の悪いガソリンも元凶のひとつだ | トップページ | EUの一方的な条件(預金課税)にキプロス国民が反発 »

2013年3月17日 (日)

クロード・フランソワ Claude François

クロード・フランソワ
    Claude François
     (1939年2月1日 - 1978年3月11日)

 1960年代から1970年代にかけて活躍したフランスのシャンソン歌手 作詞・作曲者、音楽プロデューサー

 エジプトスエズ運河で働いていたフランス生まれの父
   エメ
とイタリアのカラブリア出身母
   ルチア (シューフとも呼ばれた)
の間に生まれた。
 エジプトでフランソワはドラムとバイオリンを含む楽器の演奏を学んだという。

 

 1956年のスエズ運河の国有化に伴いフランスのコート・ダジュールに転居した。
 ジャズ・アンサンブルやモナコなどの地元のクラブやジュアン・レ・パンでのジャズ・フェスティバルなどで、ドラマーとしてのいくつかの仕事をみつけた。

 

 パリに移り、1962年に
   「ベル!ベル!ベル!」(エヴァリー・ブラザーズの歌のフランス語カバー)
で、歌手としての最初の大きな成功をおさめ、1963年にはパリのオリンピアに初めて出演した。

 

1970年にフランソワはプロヴァンスの高速道路で、車のタイヤがバーストしたことによる事故のために顔に傷を負った。
 1970年代に入り、フランソワは自分の作品ばかりではなく、多くの英米の音楽市場でのヒットソングをフランスに紹介していった。

 

 フランソワのアルバム「涙の電話」(1974年)は発売後数週間で200万枚以上を売り上げた。
 フランソワは全部で500曲以上の歌を残した。

 

  

 

         

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 


 

     

 

 

    

« 中国の大気汚染は劣悪な品質の悪いガソリンも元凶のひとつだ | トップページ | EUの一方的な条件(預金課税)にキプロス国民が反発 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロード・フランソワ Claude François:

« 中国の大気汚染は劣悪な品質の悪いガソリンも元凶のひとつだ | トップページ | EUの一方的な条件(預金課税)にキプロス国民が反発 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ