« 南アフリカが08年以降で最悪の電力不足の恐れ 鉱山生産に影響が必至 | トップページ | 陸軍特殊部隊の報復か... »

2013年3月23日 (土)

イタリア民主党のベルサニ党首に政権樹立を要請

 イタリアのナポリターノ大統領は22日、ローマの大統領官邸で民主党のベルサニ党首と会談した。
 会談ではナポリターノ大統領から政権樹立に向けベルサニ党首が議会の支持を集めるよう要請された。

 会談後の会見で、ベルサニ党首について、客観的に見て、解決の模索に向け最もふさわしい位置にいると述べた。
 ただ、作業は難しいかもしれないと続けた。

 ベルサニ党首は大統領から要請を受けた後、イタリア国民が待ち望んでいた変化をもたらし、これまでできなかった必要な改革を行える政府を樹立するよう努力すると表明した。

 

 

ひとこと
 イタリア議会の多数派工作は利害の対立や妥協点の模索が続き、時間が掛かるのは最近の傾向だ。国民世論の意見も一致点が掴みきれない。総論賛成で各論では反対なのは利益と損失が公平かどうかという点に価値感が加わるためだ。

 話し合いすらしないまま強引に推し進める政治は一時は成果を出すが、その後に続く歪の拡大で実質的には大きなマイナスとなることは日本の過去の政治を見れば明らかだ。

 

 メディアの取り上げられる政治家の発言内容の裏に隠された真実は、時間が経過しないとわれわれ凡人にはわからない。ジャーナリストも悪意を持った組織の掌の上でバカ踊りすることも多いようだ。気づいてもプライドが邪魔して修正すらしないまま無視する輩も出てきている。常に話半分で逆の思考も持つことが必要だろう。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 南アフリカが08年以降で最悪の電力不足の恐れ 鉱山生産に影響が必至 | トップページ | 陸軍特殊部隊の報復か... »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア民主党のベルサニ党首に政権樹立を要請:

« 南アフリカが08年以降で最悪の電力不足の恐れ 鉱山生産に影響が必至 | トップページ | 陸軍特殊部隊の報復か... »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ