« 瀬戸際外交が続く北朝鮮だが、米国など5カ国がテーブルにつくことはない。 | トップページ | ユーロが対米ドルで4カ月ぶりの安値 »

2013年3月26日 (火)

円相場については、市場に為替レートを決定させることが最も重要

 フォード・モーター の
   アラン・ムラリー最高経営責任者(CEO)
は26日、円相場については、市場に為替レートを決定させることが最も重要であり、世界の大部分の国がそう考えている。
 そのことが
   国際貿易システム
において、誰にとっても非常に大事なことだと訪問中のバンコクでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じたという。

 

 円相場は昨年11月中旬以降で約15%下落し
   トヨタ自動車
   日産自動車
   ホンダ
は市場でシェアを拡大しており、日本の自動車メーカーの競争力を高める
   円安に懸念
を表明した。  

  

ひとこと
 国際資本が為替市場の価格を決めるシステムが自由でよいことかどうかは疑問も残る。自由市場を装いながら市場から資金を吸い上げるような仕組みを維持し拡大することが自由経済における市場独占を許すものだ。市場参加者が自由に決められる金相場自体もおおよそはポンド立てでの建値が毎日ロンドンで決められ為替の変動で価値が上下していくだけだ。

 日本を狙い打ちにすれば景気が良くなるわけではないが、欧米は自国に経済悪化を日本や新興国が持っている経済力を元凶としている。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

     
   

    

« 瀬戸際外交が続く北朝鮮だが、米国など5カ国がテーブルにつくことはない。 | トップページ | ユーロが対米ドルで4カ月ぶりの安値 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 瀬戸際外交が続く北朝鮮だが、米国など5カ国がテーブルにつくことはない。 | トップページ | ユーロが対米ドルで4カ月ぶりの安値 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ