« 陸軍特殊部隊の報復か... | トップページ | 中国に天然ガスを供給(ロシア) »

2013年3月24日 (日)

殺菌用に水で薄めた塩素系の漂白液を飲み水で提供?

 運営会社のダスキン(大阪府吹田市)は23日、同府豊中市にある
   ミスタードーナツ
の豊中駅前ショップで、店員から出された水を飲んだ客が体調不良を訴えた問題で
   殺菌用に水で薄めた塩素系の漂白液
を、誤って飲料水として提供した可能性が高いと発表した。  

 

 ダスキンの発表によると、アルバイト従業員が21日の閉店後、プラスチック製ポット(1・8リットル)を殺菌するため、水で薄めた漂白液をポットに入れて帰宅した。

 

翌22日の開店後、別の従業員が中身を飲料水と勘違いし、客に提供した疑いがあるという。  

 

 この店では、ポットの殺菌は流し台にためた漂白液につけ、その後洗い流すルールだった。

 

 ダスキン広報室では漂白剤による殺菌は途中で放置せず、同じ担当者が責任を持って最後までするなど再発防止策をとるとしている。

 

ひとこと
 作業マニュアルがあるのかどうか判らないが、担当者が最後までする責任の明確化が必要だろう。そもそも、翌日に提供するポットの水がいつ入れたものか作業手順として確認できていないのが一番問題だろう。

 前日入れた水が翌日何も不審に思わずに客に出してしまうといったことが行える作業環境があること事態問題だ。

 ポットに入れる水は空のまま当日水を入れることが必要であり、入れる前に洗うといった作業も本来であれば必要だろう。いくつも飲み酢が重なり合った複合的な問題への対応がされていないようにも見える。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 陸軍特殊部隊の報復か... | トップページ | 中国に天然ガスを供給(ロシア) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺菌用に水で薄めた塩素系の漂白液を飲み水で提供?:

« 陸軍特殊部隊の報復か... | トップページ | 中国に天然ガスを供給(ロシア) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ