« 中国指導部の胆力が試される。 | トップページ | 北核実験で投稿急増...エステーの“放射線量マップ” »

2013年4月14日 (日)

ポンコツF35が1機約189億円!!

 米国防総省が発表した2014会計年度(13年10月~14年9月)国防予算案で、日本の航空自衛隊が調達を決めた
   最新鋭ステルス戦闘機F35A
の価格 が、1機当たり約1・9億ドル(約189億円)であることが明らかになった。

 

  

 

 民主党の野田政権時代の一昨年12月に次期支援戦闘機として閣議決定し導入を決めたものだが、当初より、機体自体にクラックが入るなど致命傷とも言える問題があり、改修費用に莫大な資金を必要とすることが明らかになっていた。

 実戦配備の時期も改修見通しが不明確で、実戦・訓練での飛行回数が増えれば空中で分解し墜落することもありえるポンコツ戦闘機とも呼ぶにふさわしいものだ。

 

 ポンコツを高値で買うのであれば、実戦配備され交代していくF22の新品を買うか、中古を安く買い叩くべきだ。

 

  

 

 日本政府は12年度予算で最初の4機を1機当たり102億円で計上しており、 90億円近い差額を米側から請求されるのは必至の状況となっている。
 価格高騰分の財源をどう捻出するのか、新たな難題を抱えてしまうことになる。

 

 やはり、口先だけで「耳に聞こえがいいこと」ばかりを並べ立て、選挙で支援を受けようとメディアに露出している素人集団の政治家の増殖で国政が歪められてしまいダッチロール状態に陥っている状況に変わりがなく、米国の圧力を利用し政権を維持しようとした目論見により日本政治の醜態を世界に対し曝し続けてしまっている。

 

  

 

 戦闘能力を考えれば、欧州のユーロファイターを購入するのが現時点では一番適当であったが、欠陥機を高値で買う契約を結んだのが問題だ。
 

 

       ↓ 同意見であれば、応援クリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

   
 
 
 
 

  

 
   

« 中国指導部の胆力が試される。 | トップページ | 北核実験で投稿急増...エステーの“放射線量マップ” »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンコツF35が1機約189億円!!:

« 中国指導部の胆力が試される。 | トップページ | 北核実験で投稿急増...エステーの“放射線量マップ” »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ