« 円買いが加速 | トップページ | 為替の自由化だけでは投資環境が整備されたとはいえない。 »

2013年4月 1日 (月)

3月住宅価格は前月比+1.1%と約2年ぶりの大幅な伸び

 中国の3月の新築住宅価格は地方政府の
   不動産抑制策の導入
を控えた駆け込み需要が背景となり約2年ぶりの大幅上昇となった。

 

 中国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房 の1日の発表資料によれば、3月の住宅価格は1平方メートル当たり9998元(約15万1400円)と、前月比+1.1%に上昇した。
 10カ月連続で前月を上回り、2011年1月以来で最大の伸びを記録した。

 この調査は100都市を対象に行われたもので前年同月比では3.9%上昇した。

 

3月末時点で約17都市が不動産規制の詳細を公表している。

 

 捜房によると、都市別では広東省の湛江市が
   前月比+3.7%
に上昇となり、最も大幅な伸びだった。
 また、北京は2.9%、上海は0.5%それぞれ上昇した。

 

ひとこと
 中国の不動産市場はまだまだ熱いということだろう。国が不動産を保有し利用権を売買するシステムだが、大部分の権益は一部の国民が独占しているのは明らかだろう。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
  
   

« 円買いが加速 | トップページ | 為替の自由化だけでは投資環境が整備されたとはいえない。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月住宅価格は前月比+1.1%と約2年ぶりの大幅な伸び:

« 円買いが加速 | トップページ | 為替の自由化だけでは投資環境が整備されたとはいえない。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ