« ナイジェリアで原油生産設備が襲撃 | トップページ | スロベニアが金融危機に陥る可能性 »

2013年4月 9日 (火)

実践 生き残りのディーリング

 相場とは何かを追求した哲学書
 トレーダー/投資家には、そのレベルや立場に応じ、乗り越えねばならない「壁」がある。

  
 例えば
   「仕掛けと仕切りに恐怖を感じる」という壁
   「どれくらいポジションを維持したらよいか分からない」という壁
   「自分の技法が通用しない期間が長く続いている」という壁・・・・・・。
 実にさまざまだ。

 

   

  

 ・ 実践 生き残りのディーリング 

  
 

ひとこと
 勝利の方程式は描けても実際に使えるかどうかは判らない。
 乗り越える壁は高いのか低いのか厚みがあるのかないのか、強度はあるのか弱いのか...

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
 


 
   

   (関連書籍)

              

  
   

« ナイジェリアで原油生産設備が襲撃 | トップページ | スロベニアが金融危機に陥る可能性 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実践 生き残りのディーリング:

« ナイジェリアで原油生産設備が襲撃 | トップページ | スロベニアが金融危機に陥る可能性 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ