« 米国経済 日は沈みつつあるわけではないが、夕暮れ時の雰囲気はある | トップページ | 中国がロシアから最新戦闘機24機と潜水艦の購入等の合意文書に署名 »

2013年4月 6日 (土)

北朝鮮が新たなミサイル発射実験の実施に踏み切ったとしても驚かない(米国)

 米国のホワイトハウスの
   ジェイ・カーニー報道官
は5日、北朝鮮が新たなミサイル発射実験の実施に踏み切ったとしても驚きに値しないと述べた。

 

 北朝鮮をめぐる緊張が高まるなか同国がミサイル発射実験を準備しているのではないかとの質問に対し
   北朝鮮がそのような行動
に出たとしても、われわれは驚かないと述べ、これまでもミサイル発射実験を行っていると続けた。

 

 北朝鮮は南部の開城市郊外にある経済特別区開城工業団地」への韓国企業関係者の立ち入りを禁止しており、外貨を稼ぐためのツールを自ら放棄し、危機感を更に煽り始めている。

  

 
  

 

ひとこと
 北朝鮮の瀬戸際の行動が続いているが、さほど軍事的脅威とは誰も関心をもたず、一人踊りしている感じだ。

 

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

     
  
   
 
 

« 米国経済 日は沈みつつあるわけではないが、夕暮れ時の雰囲気はある | トップページ | 中国がロシアから最新戦闘機24機と潜水艦の購入等の合意文書に署名 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 米国経済 日は沈みつつあるわけではないが、夕暮れ時の雰囲気はある | トップページ | 中国がロシアから最新戦闘機24機と潜水艦の購入等の合意文書に署名 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ