« 武大偉朝鮮半島問題特別代表が来週訪米 | トップページ | ワシントン 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明 »

2013年4月19日 (金)

日本のデフレから抜け出すための行動には理解を示す必要(フィッシャー総裁)

      ワシントンを訪れているイスラエル中央銀行の
   フィッシャー総裁
は、18日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、日本はこれまで長い間ずっとそうだったように病んでおり、そのような状況から抜け出すための行動には理解を示す必要があると述べ
   デフレ脱却
に向けた日本の取り組みを支持し
   他の諸国が批判を控えること
を提言した。

 

     フィッシャー総裁は日銀の景気刺激策は
   正しい方向にあることは確か
なもののだが、効果のほどを予想するのは難しいと語った。

 日本の行っている経済策はわれわれ皆が見守っている実験だと付け加えた。   

 
 

 日本銀行は4日、長期国債を
   毎月7兆円強
を買い入れるなどとした大規模な緩和策を発表した。

 

その後、円は主要16通貨全てに対し下落している。

 

 米国財務省は議会に12日提出した為替報告書で、日本に対して
   通貨安競争の回避
を求める方針を示している。

« 武大偉朝鮮半島問題特別代表が来週訪米 | トップページ | ワシントン 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 武大偉朝鮮半島問題特別代表が来週訪米 | トップページ | ワシントン 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ