« 敵前逃亡とも言うべきスキャンダル | トップページ | 「日銀券ルール」 に代わる、新たな歯止め策 »

2013年4月 2日 (火)

損切りか保有かを決める最大逆行幅入門

  

 

損切りか保有かを決める最大逆行幅入門

 トレーディングリスクを劇的に減少させる斬新でパワフルなツール ここには最小限のリスクで大きな利益を手に入れるためのエッジがある!

 
  成功するトレーダーには
   危険な損失水準を感知
する「第六感」というものが備わっている。
 だが、その直感が外れたとしたら?

 

 

ひとこと
 リスク回避の嗅覚を備えるためには日頃の分析力だけでは無理がある。人はリスクを感じれば萎縮してしまいがちになるだけだ。何事も起きなければリスクを感じることもない。知識でリスクを考えても実際に直面した時には手遅れになるのが多い。

 的外れの投資に気づくタイミングは難しい。長く続くか短いか売りであれば谷の深さが問題になる。それをどの様に図るかは体験が影響するものだ。ただ、常に同じパターンでないのが問題を複雑にする。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


 

   (関連書籍)

    い

  

« 敵前逃亡とも言うべきスキャンダル | トップページ | 「日銀券ルール」 に代わる、新たな歯止め策 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 損切りか保有かを決める最大逆行幅入門:

« 敵前逃亡とも言うべきスキャンダル | トップページ | 「日銀券ルール」 に代わる、新たな歯止め策 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ