« 経済回復のロードマップ | トップページ | 米国原油在庫が1990年水準まで増加 »

2013年4月 3日 (水)

新型鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)が中国で発生し拡大

 中国上海市の日本総領事館は3日、ホームページで、江蘇省で
   鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)
の患者がさらに4人確認されたことを受け、生きた鳥が売られている市場などで
   不用意に鳥や家畜に近寄らない
ようにと注意喚起、人混みでは必要に応じてマスクを着用し
   高熱や呼吸困難の症状
が出た場合はすぐに医師の診断を受けるよう求めるなど
   衛生管理
に注意するよう在留邦人に呼び掛けた。

 

上海市に長期滞在の日本人は5万6千人以上と中国でもっとも多く、隣接の江蘇省にも1万人以上がいる。

 今回の鳥インフルエンザは計7人の感染が確認され、うち上海市の2人は死亡した。

 

ひとこと
 人から人に拡大する動きが出てくるか注意が必要だろう。万一、感染力が高くなれば9.11テロ時に米国上空の飛行を即時禁止し強制着陸させた例を見れば、航空機の離発着を米国などは躊躇せずに実行するだろう。

 こうしたケースの場合、TPPの締結で食料が確実に確保でき保障があるかどうかだ。

 

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

     
     
   

« 経済回復のロードマップ | トップページ | 米国原油在庫が1990年水準まで増加 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 経済回復のロードマップ | トップページ | 米国原油在庫が1990年水準まで増加 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ