« 円売りが再開 | トップページ | オバマ大統領、赤字縮小で強制歳出削減の容認に傾く  »

2013年5月29日 (水)

米国消費者信頼感指数は上昇

 5月の米国消費者信頼感指数は
   76.2(前月 69.0)
に上昇し、2008年2月以来の高水準となった。

 

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が28日発表した
   S&P/ケース・シラー住宅価格指数
によると、3月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は、季節調整済で
   前月比+1.1%(予想 +1.0%)
に上昇した。

 
 季節調整前では前月比1.4%上昇した。
 前年同月比で7年ぶりの高い伸びとなった。

 

 石油輸出国機構(OPEC)は31日に総会を控えサウジアラビアの石油鉱物資源相は現在の需給バランスに満足を表明した。

 

« 円売りが再開 | トップページ | オバマ大統領、赤字縮小で強制歳出削減の容認に傾く  »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国消費者信頼感指数は上昇:

« 円売りが再開 | トップページ | オバマ大統領、赤字縮小で強制歳出削減の容認に傾く  »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ