« 実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正 | トップページ | 米国経済指標が好調 »

2013年5月31日 (金)

中国人民元 米ドルに対し3カ月連続で上昇

 中国人民銀行(中央銀行)が31日、中国人民元の中心レートを過去最高水準に引き上げたことで、当局が為替制度改革を加速するとの楽観的な見方が広がり月間で米ドルに対し3カ月連続で上昇した。

 

 人民銀は元の中心レート を0.04%元高方向の1ドル=6.1796元に設定した。

 これは2005年7月のドル・ペッグ(連動)制廃止以降の最高水準だった。

 

 中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海市場で前日比0.06%安の6.1345元で終了した。
 週間ではほぼ変わらず、月間では0.5%上昇した。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正 | トップページ | 米国経済指標が好調 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民元 米ドルに対し3カ月連続で上昇:

« 実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正 | トップページ | 米国経済指標が好調 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ